カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

トリコエースB 100g

トリコエースBは根の生育促進作用も併せ持つタイプのトリコデルマ菌です。

トリコエースBは大麦の周りに胞子を付着させた粒状になっています。これに水を加え、トリコデルマ菌が分離した青汁の様になった水を使用します。 定植後でも水に溶かしたものを灌水チューブを使って圃場に散布したり、注水機やジョウロなどを使って直接植物の根元に注入して使用する事も可能です。

より強力な土壌改良を実現するタイプのトリコエースAはこちら

トリコデルマ菌の詳細はこちら

トリコエースB 100g

価格:

1,600円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■使用方法■
トリコエースBを水に溶き、青汁のようになった水をトウモロコシの活性炭や有機肥料に散水し混ぜ、混ぜた物ごと土壌にすき込みます。目安は100gで1アール(約30坪)分です。定植後の場合は水に溶かしたものを灌水チューブを使って圃場に散布するか、注水機やジョウロなどを使って植物の根元に注入して使用します。

■注意事項■
【キノコ】
トリコデルマ菌はキノコの生育に悪影響を及ぼします。近隣にシイタケ栽培等が無いことをお確かめの上、ご購入ください。
【乾燥】トリコデルマ菌は水分と温度で活動します。カラカラの状態が長く続くと、トリコデルマ菌が働かないだけではなく、衰弱してしまいますので、乾燥させないようにお気を付けください。
【温度】トリコデルマ菌の死滅温度は48℃で10分、または40℃で15時間です。通常30℃以下で菌が死ぬことはありませんが、温度が高いと乾燥しやすくなるので注意が必要です。
【土壌消毒】トリコデルマ菌を使用した畑を土壌消毒するのではせっかくの菌が死滅してしまいますので、トリコデルマ菌使用後の土壌消毒はお避け下さい。なお、土壌のpHが8以上(アルカリ性)になるとトリコデルマ菌の働きが鈍りますので注意が必要です。

関連商品

トウモロコシの活性炭 30リットル

3,240円(税込)
日本初!岩手県と岩手大学が共同開発した土壌改良資材「トウモロコシの活性炭 30リットル」。微生物の生育しやすい環境をつくり、効率の良い土壌改良を実現します。本来のpHは9.5の強アルカリ性ですが、本品は有用微生物が生育しやすいように木酢を薄めて混ぜており、pHを7.0の中性に調整しております。また、木酢自体も微生物のエサになるため、有用微生物の増殖も促進します。
播種や定植前の圃場に散布し、すき込んで使用します。本品1袋で約30坪(1畝/1アール)分です。
またポットでの育苗では培土に本品を10〜15%混合して使用します。

トリコエースB 500g

5,400円(税込)
微生物資材「トリコエースB」は土壌中の有機物を植物が吸収しやすい無機物に分解して作物の生育を促進。根の生育も促進するため、果菜類にお勧めです。トウモロコシの活性炭などに混ぜてお使いください。Bタイプは定植後でも灌水チューブなどでの散布が可能です。

トリコエースA 500g

5,400円(税込)
微生物資材「トリコエースA」は土壌中の有機物を植物が吸収しやすい無機物に分解し、作物の生育を促進。より効率的な土壌改良を実現して元気な作物づくりを応援します。トウモロコシの活性炭などに混ぜてお使いください。

ページトップへ