カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

よくある質問

トウモロコシの活性炭について

Q.1 トウモロコシの活性炭を機械で散布する事は可能ですか?
Q.2 パウダータイプの活性炭はpH9.5ですが土壌の酸度矯正に使えますか?

トリコデルマ菌について

Q.1 トリコデルマ菌はどんな病害(病原菌)に有効ですか?
Q.2 トリコデルマ菌を使用できない作物はありますか?
Q.3 トリコデルマ菌の活動に適正pHはありますか?
Q.4 トリコエースAは水に溶いて使用できますか?
Q.5 トリコエースを水で分離する時に使う水は水道水でも大丈夫ですか?
Q.6 トリコエースBの希釈倍率はありますか?
Q.7 石灰資材と同時に使っても大丈夫ですか?
Q.8 土壌消毒を行っても大丈夫ですか?
Q.9 殺菌剤を使用しても大丈夫ですか?
Q.10葉面散布に使用出来ますか?



トウモロコシの活性炭について


Q.1 トウモロコシの活性炭を機械で散布する事は可能ですか?

A.トウモロコシの活性炭は比重が軽いため、単品では機械での散布時に上手く流れ落ちていかない場合があります。トウモロコシの活性炭1000Lに対し60Lの水分(水または液体の肥料など)を含ませて重くすることで散布し易くなります。



Q.2 パウダータイプの活性炭はpH9.5ですが土壌の酸度矯正に使えますか?

A.トウモロコシの活性炭に限らず一般的に炭はアルカリ性を示しますが、これは製造時に発生する灰が混ざり込んでいる為です。製品全体に対して含まれているのは微量となっています。炭自体は中性の無機物です。そのため石灰資材ほどの酸度矯正効果は期待できません。



トリコデルマ菌について


Q.1 トリコデルマ菌はどんな病害(病原菌)に有効ですか?

A.当社情報サイト”野菜通信”にて作物別病気対応表に記載している中で、表の中で背景が黄色になっているものがトリコデルマ菌の拮抗作用が確認されたものです。ただし実験的に純粋培養の中で得られた結果であり、実際の土壌環境においては様々な菌が存在し、相互に作用しているため実際の使用において確実な効果を保証するものではないことをご理解願います。



Q.2 トリコデルマ菌を使用できない作物はありますか?

A.水稲とキノコの2品目につきましてはトリコデルマ菌による病害が確認されているため使用しないでください。

1.水稲の育苗にトリコエースAを使用すると苗立枯病を引き起こします。
(ただしトリコエースBは「ばか苗病」対策に有効です)
2.キノコの栽培においてはトリコデルマ菌がキノコの成長を著しく阻害します。

御使用の前に近隣で栽培されていないか御確認の上、使用には細心の注意を払ってください。また、農機具や靴などに付着して持ち込まれることもあるため、道具の取り扱いにもご注意ください。



Q.3 トリコデルマ菌の活動に適正pH値はありますか?

A.トリコデルマ菌はほとんどの作物と同様に中性から酸性の環境を好みます。土壌pH8以上の高いアルカリ性の環境ではトリコデルマ菌の働きが鈍くなりますのでご注意下さい。



Q.4 トリコエースAは水に溶いて使用できますか?

A.水に溶いて使用する事は可能ですが、散布の際に注意が必要です。
 トリコエースAはパウダー状(写真左)になっており、粉砕した大麦の周りにトリコデルマ菌が付着しています。これに水を加えるとトリコデルマ菌の胞子が懸濁した緑色の水(緑色)と粉砕された大麦の粒子(乳白色)に分離されます(写真右)。使用するのは緑色の水ですが、この水中にはさらに細かい大麦の粒子も浮遊しています。そのため噴霧器の様なノズル径の小さい器具を使用する場合は目詰まりが発生し易くなります。タンクなどに投入する前に目の細かい物で濾してからご使用ください。
 なお、トリコデルマ菌は水中で活動できず、水に溶いた状態では保存もできませんので速やかに使い切ってください。

 



Q.5 トリコエースを水で分離する時に使う水は水道水でも大丈夫ですか?

A.家庭用水道水を御使用いただいて問題ありません。



Q.6 トリコエースBの希釈倍率はありますか?

A.希釈倍率は特に定めておりません。使用する面積に対して均等に行き渡る量(または1株あたりの適量)の水に加え、よく混ぜてから散布して下さい。なお、トリコデルマ菌は水中で活動できず、水に溶いた状態では保存もできませんので速やかに使い切ってください。



Q.7 石灰資材と同時に使っても大丈夫ですか?

A.トリコデルマ菌はアルカリ性に弱いので石灰資材と同時に施用すると活動が鈍くなります。程度にもよりますが、土壌が酸性であってもアルカリ性の高い石灰資材に直接触れる事でトリコデルマ菌は減ってしまいます。充分な効果を得る為にも石灰資材が土壌に馴染んでからトリコデルマ菌を投入して下さい。



Q.8 土壌消毒を行っても大丈夫ですか?

A.土壌消毒を行うと病原菌や他の微生物と共にトリコデルマ菌も死滅してしまいます。土壌消毒を行う場合は土壌消毒が完了(ガス抜き)した後にトリコデルマ菌などの有用微生物を投入して下さい。



Q.9 殺菌剤を使用しても大丈夫ですか?

A.各種殺菌剤との検証は行っておりませんが市販されている殺菌剤は主にカビ類を死滅又は抑制させる性質があることから、トリコデルマ菌も影響を受けると考えられます。
 ただしトリコデルマ菌は土壌中で活動していますので、土壌に直接使用しない方法(葉面散布など)であれば影響は少ないものと考えられます。



Q.10 葉面散布に使用出来ますか?

A.トリコデルマ菌は紫外線に弱く、直射日光の当たる環境では死滅してしまいます。また乾燥にも弱いので、葉面の防除目的での散布では効果が見込めません。

ページトップへ