カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「ハダニ」にも有効だったバグフィクサー

 鶏舎に発生するワクモ対策として開発された珪藻土資材バグフィクサーの農業害虫への応用として、当初は土中のセンチュウ対策として考えていましたが様々なご意見をいただく内にワクモに似た大きさの「ハダニ」にも有効なのではないか、ということでキュウリ栽培農家様にご協力いただき効果を試していただきました。
(ワクモの大きさが0.5mm程度、ハダニの大きさは0.3~0.8mm程度)

ハダニの特徴

 主に葉の裏に取り付いて気孔に口針を差し込み、葉肉の組織から汁を吸う。被害が少ないうちは葉に斑点が発生する程度ですが、繁殖力が高いため大量に発生しやすく、葉を変色させ最終的には葉を枯らせてしまう。
 また年間10回以上世代が変わるほど繁殖力高く、それが薬剤の耐性を持ちやすい事にもつながっており、駆除が非常に難しい農業害虫です。
 今回使用したバグフィクサーは農薬ではないのでハダニが薬剤抵抗を持つことが無く、繰り返しの使用でも効果が持続します。

ハダニ

ハダニ対策 実際の使い方

 バグフィクサーを株元、マルチの上にも散布。さらにアーチの内側・外側の通路にも散布します。こうする事で土中から枝に這い上がってくるハダニはもちろん、周囲も歩けなくさせる作戦です。

バグフィクサー散布イメージ

散布の結果

結果として量が少なかったため畝毎の比較ができたのではっきりした差が出た。未使用の場所と比べてハダニによる被害が少なかったとの事。

 撮影時期を逃してしまい実際の写真が無いのが残念ですが、今年の露地の実験で上手くいったのでハウス栽培でも同様の効果が見込めそうとの事です。

心配だったのはマルチをかけた後だったので珪藻土が風で飛散することでしたが、そばに杉林があったので、ある程度風を防げました。

 バグフィクサーの主成分は天然由来の二酸化ケイ素(SiO2)。いわゆるガラス質成分であり特殊な製造工程によって鋭い形状になっています。そして粒子の大きさは2~40㎛(0.002~0.040mm)となっており、ハダニの体長の1/10~1/20の大きさになっています。そんな大きさの鋭利な物が所狭しと敷き詰められていたら針山地獄を歩くようなもの。ハダニにとってはたまったものではないですね。

バグフィクサーの触った感触は?

バグフィクサー標準品

 バグフィクサーの粒子はガラス質の為に固く、そして鋭くなっているのですが、粒子自体は非常に小さいため製品自体はキメの細かい粉体になっています。指で触ってみても痛みは感じません。

 ただし、目などの粘膜に入ると痛みが発生しますのでバグフィクサーが付いた手で目をこすったりしないように注意が必要です。また、吸い込むと呼吸器官を傷付けるので使用する際はゴーグルとマスク、手袋が必要になります。


 バグフィクサーはニワトリに寄生して吸血する「ワクモ」対策として開発された資材です。ワクモは体長0.5㎜程のダニの仲間で、鶏を吸血する寄生虫としてトリサシダニとともに養鶏産業界に多大な被害を与えています。バグフィクサーを鶏舎へ散布する事で実際にワクモ退治の成果をあげていることが報告されています。  

鶏舎
ワクモ

ワクモ対策のしくみ
 ワクモがバグフィクサーに接触すると、バグフィクサーの粒子で表面が傷つけられます(物理的作用)。更に珪藻土由来の細孔構造がワクモの体液を吸収することでワクモは脱水状態になり、最終的に活動停止に至ります。
 物理的作用による効果のためワクモが薬剤抵抗を持つことがありません。

このバグフィクサーが農業分野への応用利用としてセンチュウ対策に期待されています。

天然珪藻土から作られた「バグフィクサー」でセンチュウ対策

 今回、ネコブセンチュウによる被害があるという農家様のご協力をいただき、定植前に圃場へバグフィクサーを散布・攪拌し、状況を観察させていただく事が出来ました。こちらの農家様では定植前に消毒をして圃場の病原菌やセンチュウの密度を下げているのでセンチュウによる影響が出るのは栽培後半からとの事。そのためセンチュウそのものによる被害は少な目とのことですが、根に傷をつけられると他の病気にかかり易くなってしまうリスクがあります。

経過観察中に想定外の事態

 定植から2か月を経過したころ、大雨によって近くの川が氾濫。低い位置にあった本圃場は水をかぶってしまい、植えていたキュウリが全て枯れてしまった。
 例年通りであれば10月も採り続けていたので地上部の比較も行えるはずでしたが天災では仕方ありません。栽培期間中の状態は比較できませんでしたが、根の状態を掘り起こしていただきネコブの発生状況を確認してみました。

掘り起こした根の状態を比較

バグフィクサー使用区未使用区
バグフィクサー使用区バグフィクサー未使用区
コブは発生していない。水没によって枯れてしまったが健全に成長していたのが見て取れます。未使用区から抜いた株にはネコブセンチュウが寄生しコブが発生していた。全体的に根が弱々しい。

 河川の氾濫による水没によって経過観察の途中で枯れてしまったため完全な比較はできませんが、バグフィクサー使用区ではセンチュウに対して一定の効果があったと考えられます。

 ネコブセンチュウに寄生された株は生育が抑制され、その後被害が進むと葉が黄化したり萎れが発生し、そのままにしておくと最終的には枯れてしまいます。特に定植初期に寄生された場合に他の病気も併発しやすくなり被害が大きくなります。

 これまでセンチュウ対策としては定植前の土壌消毒、マリーゴールドの混植(生の間にすき込むのも効果的)、他の作物の輪作などもありました。それぞれ効果はありますがデメリットもあります。
 バグフィクサーは農薬ではないので薬剤による危険性がありません。また定植前に散布・攪拌するだけなので、コンパニオンプランツの様に植える手間がかからない、輪作の様に栽培期間を制限しないといった今までにないメリットがあります。
 また、青森県十和田地区のにんにく栽培でセンチュウに有効な農薬がないと言われており、この資材が役立つ可能性が出てきました。

ページトップへ