カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

土壌中の微生物のうごき

放線菌が分泌するキチナーゼやトリコデルマ菌のセルラーゼが他の微生物の外殻の物質を溶かす機能があり、これらの菌が死滅したり、その生息地から逃げ出すことでパワーバランスがもとに戻ることになります。

土壌消毒をすると今まで生息していた微生物がしめつしてしまいます。そのため、消毒後は有用な微生物を増やす必要があります。トリコデルマ菌は他の微生物がいないと活発にならない傾向があります、つまりライバルが必要ということです。


土壌中の微生物は何もしない種が圧倒的に多く存在しますが、一部に悪い影響を与える微生物(最も広く知られているのがフザリウム、リゾクトニア、ピシウムです)が生息しています。この微生物の生息比率に変化が生じるとパワーバランスが崩れ、植物に様々な影響を及ぼすことになります。

放線菌が分泌するキチナーゼやトリコデルマ菌のセルラーゼが他の微生物の外殻の物質を溶かす機能があり、これらの菌が死滅したり、その生息地から逃げ出すことでパワーバランスがもとに戻ることになります。

ページトップへ